Kitchen kazuk.9

レシピブログ

前菜

【68品目】岩タコのアフォガード

アフォガードとは イタリア語で『溺れる』という意味で、 日本では、アイスクリームにエスプレッソをかけたドルチェが有名ですね。 しかし、今回は『タコのアフォガード』 足をカットせずに豪快に煮込み、 その煮込まれている様子が まるでタコが溺れている…

【66品目】真鱈と白子のピルピル

ピルピルとは スペインとフランスにまたがり深い森林に囲まれた、 独特の『バスク語』という言語を使うバスク地方の郷土料理です。 不思議なお話なのですが、バスク語はインドやヨーロッパ語族に属さない分類不可能な孤立した言語と言われています。 バスク…

【63品目】白魚のブルスケッタ

ブルスケッタとは スライスしたパンをオーブンやグリルで焼いて、 ニンニクをすりこませて具材を乗せたオープンサンドのような前菜です。 地域によっては、 トマトだったり生ハムやスモークサーモンやチーズなども乗せたりします。 今回は白魚をオリーブオイ…

【58品目】赤ワイン風味のブリ大根

赤ワインを効かせた、ちょっと洋風なブリ大根を作りました。 材料(4人分) ・ブリ 600g ・大根 2分の1本 ・赤ワイン 200㏄ ・水 適量 ・塩 少々 ・ショウガ 1片 ・醤油 50㏄ ・味醂 50㏄ ・砂糖 40g ブリはぶつ切りにして塩を少々振っておきます。 皮目には細…

【57品目】ホタテの軽いソテー 焦がしバターソース

ホタテ貝の貝柱を軽くソテーして、焦がしバターソースを添えました。 本来はレモンで作る焦がしバターソースですが、今回はピンクグレープフルーツを使って作っていきます。 材料(2人分) ・ホタテ 10個 ・塩 少々 ・ブラックペッパー 少々 ・バター 30g ・ピ…

【55品目】サーモンのミキュイ 

ミキュイとは フランス語で、『半分火が通った、半生』といった意味で。 中心まで微妙に火を通す調理法です。 低温で火を入れるため、たんぱく質が固まる前に筋繊維がほどけて、 とても柔らかい独特な食感になります。 今回は、『BONIQ』の家庭用低温調理器…

【44品目】オニオングラタンスープ

タマネギをじっくりと炒めたオニオンスープに、 スライスしたバゲットと溶き卵、擦り下ろしたチーズを乗せて、 オーブンで焼きました。 材料(6人分) ・タマネギ 4個 ・ニンニク 2片 ・塩 適量 ・オリーブオイル 40㏄ ・バター 30g ・タイム 4本 ・水 適量 ・…

【38品目】ガット ディ パターテ

ガット ディ パターテとは カンパーニャ州の郷土料理で、ジャガイモで作ったケーキです。 ガトーは、フランス語で『焼き菓子、ケーキ』といった意味ですが、 ナポリの訛りで『ガット』と呼ばれています。 ケーキとは言っても、 甘いケーキな訳ではなく、ケー…

【33品目】長ネギとゴボウのポタージュ

焼き色がつくように炒めた長ネギと、バターソテーしたゴボウを牛乳で煮込み、 ポタージュスープを作りました。 材料(6人分) ・長ネギ 5本 ・ゴボウ 4本 ・タマネギ 2分の1個 ・牛乳 1000㏄ ・生クリーム 200㏄ ・塩 適量 ・オリーブオイル 30㏄ ・バター 50…

【32品目】豚モツとゴボウのローマ風コラテッラ

コラテッラとは イタリア中部地方の下町で親しまれている、ローマ風のもつ煮込みです。 牛よりも小さな動物(豚や鶏や羊など)の内臓を、 じっくり炒めた香味野菜と白ワインで炒め煮にして、 少し酸味を効かせた伝統料理です。 今回は、豚のテッポウとハツ、ゴ…

【29品目】炙り白子のバジルクリームスープ

バジルが香るクリームスープに、 チーズを削りかけて炙ったタラの白子を浮かべました。 材料(2人分) ・タラの白子 150g ・バジル 1パック ・生クリーム 100㏄ ・牛乳 100㏄ ・コンソメなど 1キューブ ・松の実 20g ・塩 少々 ・パルミジャーノチーズ 少々 ・…

【21品目】秋刀魚のベッカフィーコ

ベッカフィーコとは ベッカフィーコとは、小型の鳥の名前です。 その昔まだ貧富の差が激しくあった時代、シチリアの貴族たちの間では、 ベッカフィーコという小鳥を狩猟して焼いて食べるのが大変人気で、 それを庶民が形だけでも真似して、イワシで作ったの…

【20品目】秋刀魚のカルパッチョ 金柑のヴィネグレットソース 

今回は生秋刀魚をカルパッチョにします。 金柑のヴィネグレットソースを合わせていきます。 材料(2人分) ・秋刀魚 2尾 ・塩 少々 ・盛り付け用の野菜など 少々 金柑のヴィネグレットソース ・金柑 120g ・リンゴ酢 60㏄ ・オリーブオイル 150㏄ ・タマネギ 3…

【19品目】アルゼンチン赤海老とタラ白子のソテー レモンバターソース

アルゼンチン赤海老を縦に半割りして、タラの白子とともにソテーしました。 定番のレモンバターソースを添えました。 材料(2人分) ・アルゼンチン赤海老 3尾 ・タラの白子 150G ・レモン 2分の1個 ・バター 30g ・白ワイン 40㏄ ・パセリ 少々 ・タイム 2本 …

【16品目】ほどける鶏もも肉のミネストローネ

ミネストローネとは 主にトマトなどの野菜を使ったスープで、イタリアの家庭料理の1つです。 もともとの意味は『ごちゃ混ぜ』という意味で 野菜は基本的に何を使っても大丈夫です、冷蔵庫に余っているものを使いましょう。 ベーコンやパスタや、余ったパンな…

【2品目】金時草のピクルス

金時草は、大体5~7本くらいの束で売っているので、 余った金時草はピクルスにしました。 1日ピクルス液に漬けていると、 金時草の色が液にうつり美しい赤紫色になります。 先ずは、ピクルス液から作っていきます。 材料(約6人分) ・金時草 1束 ・白ワイン…