Kitchen kazuk.9

レシピブログ

【3品目】自家製ニョッキ Gnocchi

ニョッキとは

小麦粉とジャガイモやカボチャなどの野菜と小麦粉を混ぜ合わせて作るパスタの1種です。

今回はジャガイモを使って作っていきます。

小麦粉は薄力粉100%で作りますが、強力粉でもブレンド粉でも大丈夫です。

 

卵やチーズを入れるレシピもありますが、色々なソースと組み合わせやすいように

思いっきりシンプルなレシピで作ります。

 

 

材料(訳6人分)

・ジャガイモ     1パック(570g)

・薄力粉       185g

・塩         2つまみ

・薄力粉(打ち粉用)  適量

 

材用はこれだけです。

ジャガイモの種類によってジャガイモ自体のもともとの水分量も違うので、

粉の量はジャガイモの重量に対して3分の1程度で調節してください。

 

今回は1パックのジャガイモの重さが570gだった為、薄力粉は185g入れました。

(皮をむくので、その分粉の量を若干減らしました。)

 

 

 

先ずは、ジャガイモを茹でます。

 

皮のまま水から中火にかけ、沸騰しそうになったら弱火にし、

ふつふつと沸騰しない程度の温度で茹でていきます。

 

ジャガイモの大きさにもよりますが、大体40~50分程度で火が入ります。

目安は竹串などを中心にさしてみて、スッと通るまで。

 

ジャガイモに火が入ったら粗熱をとり、まだ温かいうちに皮をむきます。

 

 

 

皮をむいたら、マッシャーでつぶします。

マッシャーが無ければ木べらや手でつぶしても大丈夫ですが、

大きな粒が残りすぎていると、後で成形の時に大変です。

 

ジャガイモがつぶれたら小麦粉と塩を入れて、

練らないでサックリと混ぜ合わせます。

 

上の画像くらいに混ざったら、手で下に押しつぶすように生地をまとめていきます。

ここでも生地を練らないようにしてください。

 

 

 

生地が丸くなるようにまとめて、ラップで包み冷蔵庫で20分程度休ませます。

20分以上休ませると、水分が出てきて

かなりの量の粉を足さなければならなくなってしまうので、ご注意を。

 

 

 

生地を休ませたら打ち粉をして、3㎝くらいの高さになるように丸くつぶします。

 

裏っ返して、両面に打ち粉をしていきます。

 

表面に打つ粉は大目に振るって大丈夫です。

 

 

 

 

打ち粉をしたら棒状にカットして、それを円柱状に丸めていきます。

 

できるだけ太さが均一になるように、特に端っこが細くなりがちなので

そこに気を付けながら直径2㎝程度の太さに丸めます。

 

 

 

丸めた生地を、2㎝くらいの幅でカットしていきます。

 

全部カットしたら、断面にも粉が付くように再び全体に打ち粉をします。

 

 

 

親指の指先を使い、フォークに押し付けるように成形します。

 

ニョッキに溝をつけることにより、ソースが絡みやすくなります。

 

 

 

成形したら完成です。

このまますぐに茹でても使えますが、余った分は冷凍保存できます。

 

重ならないように平らなバットなどに並べて冷凍庫へ、

 

凍ったニョッキをジップロックなどに入れて保存しておけば、

冷凍のままお湯に入れてボイルして使うことが出来ます。

 

 

Buon appetito!!