Kitchen kazuk.9

レシピブログ

【8品目】ジェノワーズ

ジェノワーズとは

 

もっとも基本的なスポンジケーキの1つで、

鶏卵の起泡性を利用して海綿状に焼き上げるケーキ生地です。

 

今回は全卵を泡立てて作る、

材料もできるだけシンプルにしたレシピにしました。

 

20㎝の四角い型で作っていきます。

 

 

 

 

材料

 

 

・卵(全卵)         5個

・グラニュー糖       170g

・薄力粉          170g

・牛乳           35㏄

・バター          35g

 

 

 

 

まずは、オーブンを170度に予熱しておきます。

 

次に、大きめの鍋にお湯を沸かし、

バターと牛乳を湯煎にかけて溶かします。

 

お湯は沸いたら火を止めておいて大丈夫です。

 

 

 

 

 

バターを溶かしている間に、型にオーブンシートを敷いておきます。

オイルやバターを型の内側に少量塗っておくと、

シートが型にくっついてやりやすいです。

 

生地を混ぜる用のゴムベラとホイッパーも準備していきます。

 

薄力粉は振るっておきます。

 

生地を作る前に、しっかりと事前準備をしておく事が1番のコツです。

 

 

 

 

バターが溶けたら、次は卵にグラニュー糖を入れて

湯煎にかけながらゆっくりと混ぜていきます。

 

 

 

 

 

卵が人肌くらいになったら、お湯から外してハンドミキサーで高速でホイップします。

 

8分くらいホイップすると、白くもったりとしてきます、

 

その状態になったら、ハンドミキサーを低速にして1分ほど混ぜます。

そうすることによって、生地に中の泡が細かく滑らかになります。

 

 

 

 

 

生地をホイップしたら、

振るいにかけた薄力粉を3回に分けて混ぜ合わせます。

ホイッパーで、泡をつぶさないように優しく

ボールの底に粉がたまりがちなので、底からしっかりと混ざるようにします。

 

 

 

 

生地と粉が馴染んだら、

溶かしたバターと牛乳も混ぜ合わせます。

 

この時に、1度バター側のボールに生地を入れて

よく混ぜてから生地側のボールに入れてください。

 

バターを直接ホイップ生地に入れると、一気に泡がしぼんでしまいます。

 

 

 

 

バターを混ぜたら、型に流し込みます。

すくって入れるのではなく、ボールから直接型に流し込みましょう。

低い位置から、ゆっくりと

ボールに残った生地は、ゴムベラで落とします。

 

型に流し込んだら10㎝ほどの高さから2回下に落として空気ぬきをします。

 

予熱しておいたオーブンに入れ、25分焼きます。

 

 

 

 

 

焼きあがったら、オーブンシートをかぶせ

逆さまにして、ケーキクーラーなどでしばらく冷まします。

 

家にはケーキクーラーが無かったため、オーブンの天板に乗せて冷ましています。

冷めたら、冷蔵庫で冷やして半日寝かせましょう。

 

 

Buon appetito!!