Kitchen kazuk.9

レシピブログ

【10品目】葛粉で作るパンナコッタ

パンナコッタとは

イタリア語で、

パンナは『生クリーム』、コッタは『火を通した』

という意味です。

 

その名の通り、生クリームを温め

ゼラチンで冷やし固めたイタリアドルチェです。

 

ティラミスと並び、

日本でもっともなじみのあるイタリアドルチェではないでしょうか。

 

今回は、ゼラチンではなく葛粉を使い

やわらかく固めるレシピにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

材料(4人分)

・生クリーム     200㏄ 

・牛乳        200㏄

・グラニュー糖    40g

・葛粉        35g

・ブランデー     20㏄

・バニラエッセンス  少々

 

 

 

 

 

 

 

まずは、

牛乳と生クリームと葛粉を混ぜ合わせます。

 

この時に、冷たい状態で混ぜるようにしてください。

温めながらだと、混ざりきらない可能性があります。

(実は、1度温めながら混ぜて失敗しました。)

 

 

混ざりにくい場合は、15分ほどつけておいておくと良いかもしれません。

 

葛粉が混ざったら、1度ザルでこしてから鍋に入れて火にかけます。

 

ラニュー糖を入れて、弱火でゆっくりと温めてください。

 

葛粉の粘度でかなり焦げやすくなっているので、

たえずゴムベラで混ぜながら温めていきましょう。

 

 

 

 

 

80度程度まで温まったら、火からはずして氷水にあてて急冷します。

 

冷えたら、バニラエッセンスを数滴たらし、ブランデーを混ぜ合わせます。

 

グラスに流しいれ、冷蔵庫で半日冷やし固めれば完成。

 

ぎりぎりのやわらかさに固まるレシピですので、

何かしらの入れ物に入れないと形を保てないので、ご注意を。

 

 

 

Buon appetito!!