Kitchen kazuk.9

レシピブログ

【25品目】ニンニクとカラスミのフェデリーニ

とてもシンプルなパスタを作りました。

 

実はこのパスタ、美味しんぼの『日本人好みのパスタ対決』

に出てくるパスタのアレンジです。

 

オリジナルではカラスミも入らない、もっとシンプルなレシピです。

 

曰く、日本料理の真髄とは素材の旨味を引き出す単純な調理法にこそある。

豪華絢爛な食材や調味料を足す、足し算の料理ではなく素材本来の味を楽しむこと。

スパゲッティが本来持っている、眠った美味しさを最大限に引き出すために考えられたレシピこそが日本人好みと言える。

日本にも蕎麦やうどんといった麺類の文化があり、鴨南蛮やうどんスキなどのメニューもあるが、日本人好みの調理法とは?と考えたときに真っ先にうかぶのは

毎日でも食べられるような、ざる蕎麦や素うどんといった、麺自体を味わうメニューである。

 

そんな海原雄山先生の言葉を思い出し、作ってみました。

カラスミ入れちゃったけど、、

 

 

 

 

 

 

 

材料(2人分)

フェデリーニ        200g

・ニンニク          3片

・バター           40g

・タマネギ          2分の1個

・バジル           1束

カラスミ          20g

 

 

 

 

 

 

 

 

ニンニクタマネギはみじん切りにしておきます。

 

フェデリーニを茹でるお湯も沸かしておきます。

カラスミをたっぷりとかけるので、塩分は若干薄目で大丈夫です。

 

フライパンにバターの半量を溶かし、ニンニクを弱火で加熱します。

 

ニンニクの香りがたってきたらタマネギも入れましょう。

 

 

 

 

 

 

タマネギを炒め始めるときに、フェデリーニを茹で始めます。

 

 

 

 

 

 

タマネギがしんなりしてきたら、フェデリーニのゆで汁を入れてひと煮たちさせます。

 

 

 

 

 

 

 

茹で上がったフェデリーニとバターを入れ、バターを溶かしながら

混ぜ合わせて馴染ませます。

 

 

 

 

 

 

 

バターが溶けたら、バジルをちぎって入れて

軽く混ぜ合わせて完成です。

 

お皿に盛り付けて、カラスミをたっぷりと削りかけます。

 

シンプルを丁寧に!

 

 

 

Buon appetito!!