Kitchen kazuk.9

レシピブログ

【41品目】ボローニャ風ミートソース ブカティーニ

ボロネーゼとは

イタリア北部のエミリアロマーニャ州にある、ボローニャ地方が起源のソースで、

本来は、牛挽き肉を少量の香味野菜と共に赤ワインで煮込んだもので、

本来はトマトはほとんど入れません。

 

 

今回は先日の牛スネ肉の赤ワイン煮込みの煮汁を再利用して、

日本のミートソースのように、トマト多めで作りました。

 

他の料理にも利用したかったので、水分多めのレシピとなっています。

 

麺は、穴あきのロングパスタ『ブカティーニ』を使用します。

 

 

 ・ブカティーニ

 

 

 

 

 

材料(6~8人分)

・牛挽き肉         1㎏

・ニンニク         2分の1玉

・タマネギ         1個

・ニンジン         1本

・セロリ          1本

・オリーブオイル      150㏄

ローリエ         2枚

・赤ワイン煮込みの煮汁   適量

・トマト缶         2缶

・塩            20g

・ブラックペッパー     適量

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛挽き肉に塩とブラックペッパーを振りかけて、もみ込んでおきます。

 

塩は、お肉の重量の1.5%程度で。

 

 

 

 ・ゲランドの塩

 

 

 

 

 

ニンニクとタマネギ、セロリ、ニンジンはすべてみじん切りにして、

鍋に入れオリーブオイルで炒めます。

 

最初は強火で、木べらなどで時々混ぜながら野菜の水分が飛んで来たら中火にして、

オイルが浮いてきたら、弱火にして40分程度炒めます。

 

 

 

 

 

 

 

野菜をいためたいる間に、別のフライパンでお肉を焼いていきます。

 

フライパンに、薄くオリーブオイルを敷き強火で温める。

フライパンの温度が上がったら、お肉を一塊にして入れます。

 

強火で、しっかりと焼き色がつくように。

 

 

 

 

 

 

焼き色がついたらひっくり返して、反対も焼き色がつくように、

強火で炒めていきます。

 

炒める、というよりもハンバーグを焼くような感覚で焼きます。

お肉から脂と水分が出てくるので、ずっと強火で火を入れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉に火が通れば、鍋にうつします。

フライパンに煮汁を入れて、横や底に焦げ付いた部分をこそげ落として、

これも鍋に入れていきます。

 

トマト缶も入れて、1時間ほど煮込んで詰めていきます。

水分を飛ばすために、ふたはしないで煮込みます。

タイムは余っていたので入れてみました。

 

 

ブカティーニを茹でて、

適量のボロネーゼソースをフライパンで温めて絡めれば完成。

 

 

 ・チーズを削っているゼスター

 

 

Buon appetito!!