Kitchen kazuk.9

レシピブログ

【42品目】ラザーニャ

ラザーニャとは

薄い板状のパスタの1種。

または、それを用いてミートソースやベシャメルソース、チーズなどと共に重ねて

オーブンで焼いた料理。

 

北イタリアから南イタリアまで広い地域で食べられていて、

地域や家庭により様々な特色があります。

 

チーズは数種類を混ぜて使うことが多く、

今回は、ペコリーノ・ロマーノミモレット、カッテージチーズを使用してつくっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

材料(4人分)

・ラザニア           6枚

・ミートソース         600g

・バジル            1パック

・トマト            1個

・ペコリーノ・ロマーノ     20g

ミモレット          20g

・カッテージチーズ       100g

 

・バター            50g

・強力粉            50g

・牛乳             600㏄

 ・塩              6g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、ベシャメルソースから作っていきます。

鍋にバターを入れて溶かします。

牛乳をレンジで温めておきます。

 

 

 

 

 

 

中火で溶かして、途中で強力粉を加えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴムベラなどでしっかりと混ぜて、滑らかにしながら火を通していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バターと小麦粉が、ふつふつと沸いてきたら牛乳を4分の1程度加えます。

牛乳を沸かしながら、混ぜていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 まとまったら、更に牛乳を入れていきます。

 

なべ底が焦げ付かない限りは、火は中火から強火のままで。

 

 

 

 

 

 

 

 

牛乳を入れて、沸かして滑らかになるまで練ってと、

4回ほどに分けながら牛乳を入れます。

 

火加減は中火から強火で、

出来るだけ牛乳が沸いている状態をキープすることがコツです。

 

塩を入れて、火からおろして常温で少し冷ましておきます。

 

 

 

 

 

耐熱皿にミートソースを敷きます。

 

その上にラザニアを2枚乗せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ラザニアの上に、ミートソース、とベシャメルソースをかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

またラザニアを乗せていく。

 

耐熱皿の厚さにもよりますが、3段から5段くらい重ねていきます。

今回は、薄めの耐熱皿で作ったため3段となります。

 

 

 

 

 

 

 

最後のベシャメルソースの上に、スライスしたトマトと、

ちぎったバジルの葉、カッテージチーズをのせていきます。

 

 

 

 

 

ペコリーノ・ロマーノミモレットをすりおろして、上に乗せます。

 

この状態で1時間ほど常温で寝かせておきます。

その間にオーブンを250度で予熱しておきます。

 

この状態で寝かせることにより、ラザニアがソースの水分を吸って柔らかくなります。

このまま1日冷蔵庫で寝かせてから焼いても大丈夫です。

 

すぐに焼きたい場合はラザニアを1分ほど下茹でしておきましょう。

 

寝かせておいたラザニアを、250度のオーブンで30分程度焼けば完成。

 

 

 

熱々トロトロのラザーニャ。

 

 

 

 

Buon appetito!!