Kitchen kazuk.9

レシピブログ

【50品目】手長海老のミラノ風カザレッチェ

手長海老をサフラン風味のクリームソースと合わせて、

黄金色のミラノ風に仕上げました。

 

丸まった溝が二つある、断面がS字型をしているショートパスタ『カザレッチェ』を使用したレシピです。

 

 

 

 

 

 

 

 

材料(2人分)

 

・カザレッチェ              160g

・手長海老                3尾

・オリーブオイル             20㏄

・生クリーム               150㏄

・牛乳                  150㏄

サフラン                少量

・塩                   少々

・ブラックペッパー            少々

ミニトマト               6個

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはカザレッチェを茹でるお湯を沸かしておきましょう。

塩分濃度は1.5%~2%程度で。

 

 

手長海老は殻ごと半割にして、身に塩とブラックペッパーを振っておきます。

 

フライパンにオリーブオイルを敷いて、中火で温めます。

 

半割にした手長海老を、殻側からソテーします。

身の外側が白くなり、火が入ってきたらひっくり返して身側もソテーします。

火を通しすぎると身が硬くなってしまうので身側はサッと火を通すだけで大丈夫です。

 

イメージとしては、殻側9割身側1割くらいの割合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

手長海老はソテーしたら1度別皿の取り出して、

フライパンに生クリームと牛乳を加えます。

 

サフランも入れて1煮立ちさせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

弱火で半分の量になるくらいまで詰めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カザレッチェが茹で上がったら、4分の1にカットしたミニトマトと共に

ソースと絡ませていきます。

 

トマトを崩すように火を入れながら、少し煮込みます。

 

 

お皿に盛り付けて、ソテーした手長海老を飾れ完成。

 

 

 

北イタリア最大の州ロンバルディアの州都、

芸術の街ミラノをイメージした黄金色のカザレッチェ

 

 

Buon appetito!!