Kitchen kazuk.9

レシピブログ

【62品目】水蛸と生海苔のスパゲッティ サンタルチア風

『卵城』や美しい風景で有名なサンタルチア港ですが、かつては漁村があり

特にタコが沢山捕れたそうです。

 

今でもナポリ湾の近郊ではタコが多く捕れているようです。

 

水蛸と生海苔を使い、サンタルチアをイメージしたレシピです。

 

 

 

 

 

 

 

材料(2人分)

 

・スパゲッティ       200g

・タコ           250g

・生海苔          80g

・ニンニク         2片

芽キャベツ        3個

ミニトマト        5個

・オリーブオイル      40㏄

・塩            少々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライパンにオリーブオイルを敷いて、潰したニンニクを弱火で加熱します。

 

スパゲッティを茹でるお湯を沸かしておきましょう、

塩分濃度は1%程度で。

 

今回使ったタコはボイル済みのものだったのですが、

塩分が結構強めだった為スパゲッティを茹でるお湯の塩分濃度は少なくして調節しました。

 

 

 

 

 

 

 

ニンニクに火が入り、色付いてきたらぶつ切りにしたタコと芽キャベツを加えて中火炒めていきます。

 

お湯が沸いたら、スパゲッティを表示時間通りに茹でます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芽キャベツにある程度火が入ったら、半割にしたミニトマトを加えてさらに炒めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパゲッティが茹で上がったら、フライパンに入れて生海苔も加えます。

 

スパゲッティのゆで汁も少々加えて、混ぜ合わせて全体を馴染ませます。

 

生海苔に火が入りきらないうちに、お皿に盛り付けて完成。

 

 

 

このお皿は貰い物なのですが、

サンタルチアの青い海と空が浮かんできたために出来た1皿です。

 

 

 

Buon appetito!!